英語塾GRIT 塾長日記

ウェブサイト改装中です。教室に関する情報はフライヤーをご覧下さい

自分の手で未来を創る

明けましておめでとうございます。年末も正月三が日も何名か生徒が来校しましたが、4日から2020年の通常授業が始まりました。

 

年明けでたるんでいた生徒、宿題を忘れた生徒、あくびをプカプカしている生徒がいたので、新年早々窓を全開にして極寒の中3時間授業をする羽目になりましたが。

 

さて、新年一発目のトピックは「自分の手で未来を創る」というお話です。今日は生徒の一人が短期の留学を検討しているという話をしてくれました。

 

もちろん高校生の生徒にとってのスポンサーは保護者の方々ですので、理解を得られない場合は留学が厳しいのが現状です。エージェンシーを通すと1週間での留学で20万円、2週間で30万円程度でしょうか。

 

私が保護者の方の立場ですと、その価値に合う行動・言動で留学の可否を決めると思います。その「留学をしたいという目標」が本物であれば、体の底から湧き出るエネルギーが行動や言動に現れ、生活習慣も変わり、結果も自ずとついてくるはずです。

 

そのような内容を生徒と少し話をしました。

 

仮に経済的な事情で留学が厳しい場合も現在は奨学金制度も充実していますので自分の力で何とかしようと思うとできないこともありません。今年度の募集で最後になりますがトビタテ留学JAPANについても説明させてもらいました。その気になれば、国が全額支給してくれる奨学金もありますから、志望理由書を書きビデオをとって応募すれば採用される可能性もあります。

 

私自身もイギリスに留学した際、大学から奨学金をいただきました。大学のウェブサイトに私でも申請可能な奨学金の要項が掲載されていたのでダメ元でA4 2~3枚程度のパーソナルステイトメントを書いて応募してみると、採用通知が届き、その奨学金を活用し3か月程1人でヨーロッパを1周しました。

 

自らの意思で、志を立て、失敗を恐れず、打算も妥協もなく、常に前を向いて突き進む

 

ほとんどの学生が「誰かにやらされる勉強」「指示されたことしかしない(むしろ指示されたことすらできない)」「できるだけ楽したい」そのような所ですが、当校では一切妥協せずガンガン攻める1年にしていきたいですね。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.