英語塾GRIT 塾長日記

ウェブサイト改装中です。教室に関する情報はフライヤーをご覧下さい

2月24日「プログラミング教育」

「プログラミング教育、悩む教員」という記事を読みました。小学校ではプログラミング学習が始まるのでしょうか。

 

私もプログラミングというほどではありませんでしたが、ウェブサイトを作れるほどのコーディング(HTMLやCSS、簡単なJavaやPHP)を学習しました。

 

f:id:eigojuku-grit:20190609151920j:plain

 

コーディングを学習してよかったと思うことは、1文字でもコーディングを間違えてしまうと不具合を起こしその原因は100%自分にあると認めなければならないこと、不具合を探すために筋道を立て考え直すこと、コーディングがはまった時のちょっとした達成感でしょうか。

 

壮大な話ですが、「人生」と似ているかもしれません。失敗や物事がうまくいかない大半の原因は自分にありますし、軌道修正するためにその原因を探し改善しなければなりません。改善しうまくいったときの達成感が成長の感覚でしょうか。

 

 

 

以前イギリスでの大学の私の専攻は「語彙学習」とお話しましたが厳密にはTESOL Computer Assisted Language Learning(英語教授法:コンピュータを用いた言語学習)が正式な学位で、語彙を学習するためのウェブサイトを制作し実験しその結果について論文を執筆しました。紅茶の輸入販売をしたいと思い始めたプログラミングですが、人生はつながるものですね。のちに職業にもつながり、数は多くありませんが、いくつかウェブサイトを作って販売したこともあります。

 

毎日が退屈だと感じている生徒、将来何の仕事をすればよいか悩んでいる生徒、壁にぶつかっている生徒、いろんな話をしてくれますが、英語学習に囚われすぎずにいろいろやってみましょう。やってみれば、何かと何かがつながるかもしれません。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.