英語塾GRIT 塾長日記

ウェブサイト改装中です。教室に関する情報はフライヤーをご覧下さい

3月8日「本棚」

GRITの本棚です。

 

f:id:eigojuku-grit:20200308094248j:plain

 

私財を投じて、という程ではありませんが、自分の趣味や学習の一環で、また生徒が学習できるように購入した教材です。(英字新聞や中高生新聞も置いています。)教室へは生徒が使える教材しか持ってきませんので自宅には英会話系の教材やIELTS,TOEIC等の教材が2~3倍はあり、トータルでは軽自動車を2台買うことができる程教材を購入したと思います。

 

教材を買いすぎて、服は2,3着しかもっていませんが:^^ 人がこだわる場所はまあそれぞれですね。

 

 

英語には「発音・文法・語彙(単語、熟語、句動詞etc)」の3要素、「話す・読む・書く・聴く」の4つの技能と「コミュニケーション」や「ディスカッション」など4技能の複合スキル+思考力が問われるスキル、これらから成り立っています。

 

英語ができるようになるためには、学習の順番が非常に重要でどのスキルの学習も欠かすことはできません。大都市の大きな学校では「発音担当の講師」「英作文担当の講師」「英会話担当の講師」のようにある程度は分業ができるかと思いますが、和歌山のような日本人講師もネイティヴ講師も少ないような地域では講師一人にかかる負担が大きくなります。

 

が、大都市の大規模英語塾や英会話学校を食うことが私の目標の1つでもありますのでそれはそれで楽しんでいます。

 

生徒さんが塾に来て自習をするときに何のどのスキルのどのレベルの学習でもできる程、たくさんの教材を集めていきたいです。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.