英語塾GRIT 塾長日記

ウェブサイト改装中です。教室に関する情報はフライヤーをご覧下さい

3月25日「辞書」

久しぶりの更新になってしまいました。現在午前3時、夜更かしの毎日が続いています。今日は『辞書』のお話です。当校には「英和」「和英」はもちろん、文法辞典、構文辞典、そしてコロケーション辞典を置いています。

 

f:id:eigojuku-grit:20200326024010j:plain

 

英和辞典に関しては私は学生の頃から「オーレックス」という辞書を使っています。

 

f:id:eigojuku-grit:20200326023730j:plain

 

仕事上様々な辞書をみてきましたが、ジーニアスにしろウィズダムにしろフェイバリットにしろライトハウスにしろ、クォリティに関してはそこまで差がないかなと思っています。(英英辞典のロングマンは別格です。)したがって「デザイン」「文字のフォント」「カラー」、そして「自分がその辞書を長く使っていくイメージが沸くか」そこが辞書購入のポイントになるかなと思います。

 

「オーレックス」に関しては、コミュニケーションに関するコラムが豊富で「ネイティヴはこの表現を使いやすい」というデータが多く記載されている特徴があるのでそれも私がこの辞書を選んだ理由の1つでした。各辞書の特長も購入判断の1つになるかなとも思います。

 

春期講習では英作文を中心に日々学習に取り組んでいます。辞書を使わない日はないといえる程、生徒も私も毎日辞書を使用しています。新しい情報に出会えるのが楽しみで辞書を使う度にわくわくします。

 

生徒も皆、必死に辞書をめくりながら課題を頑張っています。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.