英語塾GRIT 塾長日記

ウェブサイト改装中です。教室に関する情報はフライヤーをご覧下さい

6月19日「英語塾GRITの学習はやりすぎか」

以前知人から「東京の英検準1級の試験会場が小学生で埋まっていた」という話を聞いたことがあります。その時は「まさか」と思っていたのですが、私がロンドンで英検1級を受験したとき、英検1級受験者の大半が小学生・中学生でした。保護者の方とお話することがあったのですが、「日本に帰って大学受験するときに有利かなと思って受験させました」とお話されていました。

 

また、国内を見ても日本全国には英語専門塾ではjprepや平岡塾、トフルゼミナール、エベレスト、総合学習塾では鉄緑会やサピックス、早稲田アカデミーなどすごいなと思う塾はたくさんあります。英語専門塾では、英検準1級は当たり前、1級取得者もいるようです。

 

https://www.tetsuryokukai.co.jp/

https://j-inst.co.jp/

https://www.y-sapix.com/

https://everestenglish.jp/

 

英語塾GRITの学習がやりすぎか

 

おそらく一般的な和歌山の学習塾、自分のペースですすめられる学習塾(東進、スタサプ等)で慣れている生徒にとっては多いと感じるかもしれませんが、全国のトップレベルの学習塾と比較すると学習量が多すぎるというわけでもないと思います。

 

自分より頑張っている人は世の中にごまんといます。それはもちろん、講師である私にも当てはまることで私より努力している講師、優れている講師もごまんといます。その事実を受け止めて、限られた時間を何にどう使うか、ということが大切なのでしょう。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.