英語塾GRIT 塾長日記

ウェブサイト改装中です。教室に関する情報はフライヤーをご覧下さい

7月12日~18日「今週のニュースと学習した単語/表現」

今週もコロナウィルス関連のニュースが多かったです。世界各国で、想定していたよりも早く第二波(second wave)が押し寄せ、再びロックダウンをするべきかどうか、経済を回しながらコロナと共存していくのか、そのような議論が続いているようです。

 

また、EUの中でも比較的被害が少なかった国(North countries)が被害の大きかった国(South countries)を経済的に支援すべきなのかどうかというニュース、南アフリカで医療崩壊が起こりかけているというニュース、コロナウィルスがアメリカの大統領選に与える影響など、やはりコロナ関連のニュースが多かったです。

 

非常に難しい問題で私には何が正しくて何が正しくないかわかりませんが
 ①自らが感染しないように、仕事以外では人との接触を避ける
 ②感染しても重症化しないように生活習慣、食習慣に気をつける
 ③感染した場合、早急に対応できるように準備をすすめておく
そのような感じでしょうか。和歌山でもコロナウィルスの脅威を身近に感じることも増えたので、様々なシチュエーションを想定し、準備をすすめておいたほうが良いのかなとも思っています。

 

さて、今回のピックアップニュースは「ファーウェイのイギリス撤退」です。

 

 

ヤフーのトップニュースでも紹介されていたので、ご存じの方も多いと思います。表向きはファーウェイが中国政府のバックアップを受け、情報漏洩の可能性があるとしてイギリスからファーウェイが撤退したとなっていますが、その背景は政治的なもの(アメリカ=中国間の貿易戦争、香港問題、アメリカのIT分野での遅れ、イギリスの譲歩)が見え隠れしていて非常に興味深い出来事でした。今回はその政治的なお話ではなく「そもそも5Gとは何か?」というお話です。

 

 

まもなく5Gのサービスが始まることになっていますが(世界の一部の国ではすでに始まっています)、恥ずかしながら3Gや4Gの「G」の意味も知らずに今まで生きてきました。「G」はGeneration(世代)の頭文字で1Gは「通話」、2Gは「電子メールとインターネット」、3Gは「インターネットのグローバル化」、4Gは「スマホでの利用と高速化」と、それぞれにおいて大きな進歩があったようです。5Gではさらなる変化が想定されています。

 

ポジティヴな面としては
 ①通信スピードの飛躍的向上
 ②自動運転自動車の事故率の大幅な減少
 ③遠隔医療の技術向上

 

ネガティヴな面としては
 ①電波による健康被害
 ②情報漏洩など

 

と、紹介されていました。おそらく動画では紹介されていなかったアドバンテージ、ディスアドバンテージがあると思いますし、実際にサービスが始まると様々な問題が生じるのだろうと思います。

 

教育でも大きな変化が期待できるのでしょうか。

 

 

[ 今週学習した単語/表現 ]

 

replicate(複製する)/ prevalent(普及している)/ contagious(伝染性の)/ lethal(致死の)/ retrospectively(振り返って)/ confer(授ける)

 

flagship(最も重要なもの)/ recoup(取り戻す)/ redundancy(余剰)/ furlough(一時休暇)/ windfall(意外な授かりもの)/ blunt(切れ味の悪い)

 

downplay(軽んじる)/ under the weather(体調がすぐれない)/ cavalier(紳士的な)/ malady(病弊)

 

acrimonious(辛辣な)/ skeptical(懐疑的な)/put A on hold(Aを保留にする)/ put A to use(Aを用いる)/ in the blink of an eye(一瞬で)/ equation(方程式)

 

estrangement(疎遠)/ anguish(苦悩)/ bereavement(死別)/ delusional(妄想的な)/ bombard(集中砲火する)/ dial up(接続する)/ elusive(とらえにくい)

 

ditch(溝を作る)/ fuel a rebellion(反乱を助長する)/ retaliation(報復)

 

influx(流入)/ lag behind(遅れが生じる)/ dismiss the idea(考えを却下する)

 

hilariously(喜ばしく)/ stir up(かき立てる)

 

espionage(スパイ活動)/ incrementally(増加して)

 

game-changer(状況を変える人・もの)/ simultaneously(同時に)

 

gear up(準備をする)/ strike the balance(バランスをとる)/ lifeblood(力の源)/ apprehension(不安)/ put A into action(Aを行動にうつす)/ vigilant(油断のない)

 

a somber mood(陰鬱な気分)/ concede(しぶしぶ認める)/ seismic economic shock(劇的な経済危機)/ a ripple effect(波及効果)/ prop up(支える)/ adamant(確固たる)

 

round of talks(さらなる協議)/ embassy(大使館)/ existential threat(存在する脅威)

 

summon the U.S. ambassador(大使を召還する)/ distort facts(事実を歪める)/ weigh up(比較検討する)/ come with the risk(リスクを伴う)

 

be up in the air(未決定である)/ grievance(不平のもと)

 

displace(立ち退かせる)/ let alone(ましてや~ない)/ asylum(亡命)/ imminent danger(差し迫った危険)

 

peril(危険)/ mounting number of(増加する~の数)/ compel(強制する)/ turn around(状況が好転する)

 

upend(ひっくり返す)/ garner(得る)

 

grip(握る)/ shine a light on(~に光を当てる)/ patriotic(愛国主義的な)

 

manipulate DNA(遺伝子を操作する)/ scores of(多数の)/ blister(水ぶくれ)/ embryo(胎児)

 

resist(抵抗する)/ inherit(受け継ぐ)

 

a realm of possibility(可能性の範囲)/ ethical debate(倫理的な議論)

 

inadvertently(うかつにも)/ fluorescent(蛍光色の)/ the tip of the iceberg(氷山の一角)

 

stumble(つまずく)/ cornerstone(基礎)/ relentlessly(容赦なく)/ invasive species(外来種)/ pan out(うまくいく)

 

in light of(~を考慮して)/ stringent(厳しい)/ frugal(質素な)/ It's not my cup of tea.(気に入らない)/ bail out(救済する)/ austerity(緊縮)

 

be on the cards(起こりえる)/ dismal(陰鬱な)/ contract the disease(病気になる)/ saddle A with(Aに義務を負わせる)

 

prudently(慎重に)

 

filthy(不潔な)

 

divvy up(分担する)/ eradicate(根絶する)/ intertwine(絡み合わせる)

 

hasten(急ぐ)/ void(真空)/ adjourn(休会する)/ encroach(侵入する)/ impetus(勢い)

 

stratosphere(成層圏)/ show off(見せびらかす)

 

abide by(従う)/ shoulder the burden(重荷を背負う)/ complacent(自己満足)

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.