英語塾GRIT 塾長日記

ウェブサイト改装中です。教室に関する情報はフライヤーをご覧下さい

9月2日「Reading Explorer」

通常の授業に加え、今日は高校2年生と中学3年生の男子生徒が自習に来てくれていました。週に「文法2時間」「長文2時間「リスニング2時間」「単語の学習」「授業の予復習」非常に多くの課題が出ているのですが、今日は2名とも長文の課題をしていました。

 

当校のリーディング自主学習で使っている教材はCengageが出版しているReading Explorerという教材になります。中学3年生の生徒はFoundation、高校生の多くは1~2を使っています。(Foundation⇒英検準2級, 1⇒英検準2級~2級, 2⇒英検2級 3⇒英検2級~準1級, 4⇒英検準1級, 5⇒英検1級というレベル設定になっています。)

 

f:id:eigojuku-grit:20200902234238j:plain
f:id:eigojuku-grit:20200902234249j:plain
f:id:eigojuku-grit:20200902234259j:plain

 

まずは「表紙がかっこいい」と、生徒から絶賛されています。さらにレイアウトも整っているため非常に学習しやすく、写真も美しいのでページをめくりたいという気持ちになり勉強をしたくなる気持ちになるような教材だと思っています。「難しいけど楽しい」という意見も多いです。

 

今日は高校生の生徒が使用していた教材のトピックが「恐竜」に関するもので、2人楽しそうに「何とかザウルス」や「何とかドン」とがやがや話しながら勉強していました。また、中学生の生徒が使用していた教材ではアトランティスという神話の都市がトピックで、ギリシャ神話や日本神話の話をしながら1~2時間ほど学習していました。

 

私のリーディング/リスニング学習への思いとしては、それぞれの学習が単に問題を解くための学習であってほしくないと思っています。英文を読んだり、聞いたりしながら様々なトピックに触れ、様々な知識を身につけてほしいと思っています。(結果、リーディング/リスニングの学習が英会話や討論の学習へつながります。)正解不正解や得点にこだわることももちろん大切ですが、学年を超えて楽しそうにリーディングを学習している姿を見て、嬉しく感じました。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.