英語塾GRIT 塾長日記

ウェブサイト改装中です。教室に関する情報はフライヤーをご覧下さい

11月8日「今日の授業記録」

GRITでは大学入学共通テストの目標点を90%以上としています。センター試験では90%というのは旧帝大を目指す生徒にとっても取れる生徒がいたり取れない生徒もいたりするような非常に高い点数だったかもしれませんが、大学入学共通テストでは旧帝大を志望する生徒であればほとんどの生徒が90%を超えるのではないかと私は思っています。保護者の皆様にとっては「センター試験」「大学入学共通テスト」と名前が変わっただけのように感じられるかもしれませんが、難易度の変化というのは先生のようなプロの方であれば感じていらっしゃるでしょうし、実際に解いた生徒も感じると思います。

 

昨日、本日と高校2年生2名の生徒が初めて大学入学共通テストの模試を解きました。1名はリーディング89点/100点、リスニング75点/100点で、もう1名はリーディング76点/100点、リスニング50点/100点でした。特に対策もせず形式も知らない中でテストを受けていましたので、1回目の点数としては悪くなかったと思います。

 

生徒の感想を聞いてみると「リーディングは簡単」と答えていました。センター試験と異なり、文法、発音、並べ替えなど知識を問う問題がなくなったので、言い方は悪いかもしれませんがただの読解のテストになっています。答えがすべて英文の中にありますので、時間内に解き終われれば容易に90%、満点をとることができるテストです。

 

リーディングで差がでない以上、点数で差が出るのはリスニングになります。点数を見てみると両生徒ともにリーディングの点数と比較するとマイナス15点~20点となっています。英語の音声に親しんでいるGRITの生徒でもこの差ですから、一般の生徒にとって共通テストのリスニングは非常に難しいものになるのではないでしょうか。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.