英語塾GRIT 塾長日記

ウェブサイト改装中です。教室に関する情報はフライヤーをご覧下さい

11月27日「今日の授業記録」

今日は定期テスト前ということで授業の予定の3名ともに休講でした。空いた時間を利用して教員免許更新の論述試験に取り組み、その後は来週の授業の準備、そしてネイティヴ講師と2時間程度打ち合わせを行いました。

 

打ち合わせはガーデンパークのスタバで行いましたが、本を2冊購入しました。

 

f:id:eigojuku-grit:20201128002149j:plain

 

私が英検1級や海外の大学院を目指しているときに"GRIT"という言葉を知りませんでした。英語の勉強を頑張ったというよりは朝から晩まで滅茶苦茶働いたなあ、というのが感想です。ひとつきに450-500時間、最長700連勤を超えることもありました。

 

f:id:eigojuku-grit:20191208002827j:plain

 

自分がやりたいことのために、英語以外のことも含め多少の苦労をしなければならないということや遠回りをしなければならないということはわかっていたので、心も体も苦しい日々でしたが、本気で何かに取り組める日々は最高でした。何度も倒れても起き上がれたのは、周りの方が肩を貸してくれ支えてくれたからだと思います。

 

その感覚は高校生の皆さんも変わらないと思います。本気で行きたい大学があるなら、本気で英検準1級や1級を目指しているなら大いに無理をしてください。自分の力が及ばない所にゴールがあるなら無理をしなければなりません。妥協して近道ばかりを考えている姿ではなく、本気で物事にひたむきに取り組む姿に、大人は心を打たれ応援したくなるものです。

 

また、結果がでないとき誰でも心が折れそうになることはあります。物事がうまくいかないときこそ成長できるチャンスです。くじけそうになったときに"GRIT"のマインドセットが役立つと思います。

 

私の場合は「本を読んでGRITのマインドセットをその通りに実践した」というよりは「実践してみて振り返ってみるとGRITのマインドセットに近かった」というのが実状です。読んでみてさらに感じましたが、GRIT(やり抜く)はメンタル次第で誰でもできますので、厳しい学習の中でもその力を英語塾GRITで身につけてください。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.