英語塾GRIT 塾長日記

ウェブサイト改装中です。教室に関する情報はフライヤーをご覧下さい

12月18日「今日の授業記録」

今日も通常授業、冬期講習で何名かの生徒が塾へ来てくれました。

 

今日は冬期講習で使っているお役立ちツールを紹介したいと思います。英和辞典や和英辞典、文法書は基本的にはどの塾でも置いていますので、英語専門塾だからこそある少しマニアックな教材を紹介します。

 

①構文辞典

 

f:id:eigojuku-grit:20201220012119j:plain

「構文」の定義はよくわかりませんが、文法の中で定型的に使われる表現と私は解釈しています。例えば形式目的語を使った"make it possible to"という表現、助動詞や比較で学習する"might as well"という表現、関係代名詞で学習する"A is to B what C is to D."という表現、比較で学習する"A is no more B than C is D."という表現などが構文に相当します。これらの表現は和訳や英作文で問われることが多いので、悩んだときに役立つ参考書です。

 

②コロケーション辞典

 

f:id:eigojuku-grit:20201220012208j:plain
f:id:eigojuku-grit:20201220012151j:plain

「コロケーション」は何かというと「単語の使い方、自然な単語の組み合わせ」です。例えば「重要な」という意味の単語は"important"のほかに"critical""significant""crucial""vital"など様々な単語がありますが、それぞれの単語がどの単語と組み合わせが良いかこの辞書で確認することができます。冬講で初めてこの辞書を使った生徒もいるのですが、「めちゃくちゃ便利な辞書ですね」と話している生徒もいました。

 

③前置詞辞典

 

f:id:eigojuku-grit:20201220012237j:plain

みなさん大嫌いな前置詞の辞典です。今日の授業で"above all"がなぜ「とりわけ」という意味になるのかをaboveという前置詞とallという単語の意味から説明しました。また、これまでもbe made ofとbe made fromのofとfromの違い、tooがなぜネガティヴな意味になるか、The sun rises in the east.(太陽は東からのぼる。)という英文でなぜfromでなくinが使われるか、生徒の皆さんにお話ししてきました。前置詞のニュアンスが感じられるようになると英語学習もさらに楽しくなると私は思っています。

 

④英作文表現辞典

 

f:id:eigojuku-grit:20201220012346j:plain

最近購入した辞典です。英作文で役立つ表現、「増税する」「地球温暖化につながる」「海面の上昇」などの英作文頻出表現をトピック別で検索できる便利な辞典です。

 

⑤アイディア辞典

 

f:id:eigojuku-grit:20201220012437j:plain
f:id:eigojuku-grit:20201220012425j:plain
f:id:eigojuku-grit:20201220012449j:plain

「インターネットの検閲」「死刑制度の是非」「エコツーリズム」「グローバル化の是非」「遺伝子編集の是非」このようなトピックを聞いて、自分の意見を書くことのできる高校生はそう多くないと思います。(大人でも難しいです。)Z会から出版されているOpinion1100やリンガメタリカは社会的なトピックを扱っている長文教材で英語学習で役立つだけでなく様々な知識を身につけることができます。例えば、リンガメタリカではレイチェルカーソンの『沈黙の春』という本やその当時の時代背景、『DDT』という殺虫剤などの名前が紹介され解説されており、より深く知りたいと思いDDTをインターネットや本で調べました。(DDTは、よく英語の長文でも出てきます。)

 

生徒の皆さんは難問に出会ったときにこれらの教材を使いながら、冬講の学習も頑張ってくれています。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.