英語塾GRIT 塾長日記

ウェブサイト改装中です。教室に関する情報はフライヤーをご覧下さい

1月12日「今日の授業記録」

今日の高校1年生の授業ではinvasive species(外来種)とnative species(在来種)の問題について、リーディング教材を読み英語でディスカッションを行いました。invasive speciesとは何か、なぜ外来種は在来種の脅威となるか、外来種の影響により絶滅の危機に瀕している在来種の例、外来種を駆除することは人道的に正しいことか、そのような内容についてQ&Aを交えながら英語でディスカッションを行いました。「この教材めっちゃ勉強になる」と話してくれ、私もとても嬉しかったです。

 

一般的な塾の授業や学校の授業では英語の授業でもほとんどが日本語で行われていると思います。GRITの授業ではどの程度英語で行われているか意識して確認してみると70%程度でした。文法の解説は日本語ですることがほとんどなのですが、文法の学習を終えリーディングやリスニングの学習が中心となると英語を聴いたり話したりする量も格段と増えてきますね。

 

きちんと宿題を行ってきてくれることが条件ですが、4技能の学習を適切に行えば今後めきめきと力がついてきます。初心を忘れず、継続しましょう。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.