英語塾GRIT

高校生で英検準1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

2月17日「今日の授業記録」

高3生の授業は残り2回となりました。今日は"Ask me two questions.(2つ私に質問してください。)"と、2つ質問をしてもらいました。

 

そのうちの1つは「高校と大学の英語はどのような違いがありますか?」というものでした。"You studied English at high school. On the other hand, you will study with English at university. Having your own ideas is very important at an academic level.(高校では『英語を』学び、一方で大学では『英語で』学びます。自分の考えを持つことがとても重要です。)”と答えました。

 

彼女とその話をして思い出しましたが、私の通っていた大学の英語の授業ではマイケル・サンデル氏の"Justice"という本を読み、英語でディスカッションをしていました。私は当時英語を話せなかったので、まったく議論に参加できませんでしたが。(私だけでなく誰も議論に参加できず、教授が一人で話をしていた記憶があります。)

 

 

ハーバード大学での実際の講義ですが、教授はこのような授業を望んでいたのだと、後になって知りました。

 

当時は楽しめませんでしたが、今ならこんな授業、最高に楽しいと思います。

 

 

 

GRITの授業でも"Justice"に近い話はたまにしますね。例えば一昨日の高1の生徒の授業では以下のようなディスカッションをしました。

 

Should people spend more money on endangered animals? If you do so, people would spend less money on facilities, such as hospitals. Even so, do you think it right to spend money on animals?"(人々は絶滅危惧種の動物により多くのお金を費やすべきだと思いますか?もしそうすれば、人々は病院などの施設にあまりお金を使わなくなります。そうであったとしても、動物にお金を費やすことが正しいと思いますか?)

 

詰まりながらですが、自分の意見を英語で答えてくれていました。

 

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.