英語塾GRIT

高校生で英検準1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

3月11日「高2の重要性」

今日の授業は高2の生徒が何名か来てくれたので、高2での学習の取り組みがいかに大切かという話をしました。

 

当たり前の話ですが、受験生は勉強をしますので高3の学習で他の生徒と差をつけることは非常に難しいです。高2の1年間は受験準備期間として、高1でつまずいてしまった生徒はその遅れを取り戻すこともできますし、平均点前後の生徒も高2の学習で一歩抜きんでることができます。英語や数学を受験生になるまでに得意教科とさせておくと高3で他教科(社会や理科)に力を入れて学習を行うことができ、受験では圧倒的に有利になります。

 

また、英語と数学は学習の範囲が広いため短い期間で点数をあげるということが難しいです。GRITの生徒でも、目にみえる結果が出るのは早い生徒で6か月、遅い生徒は1年以上かかることもあります。3年生の7月や8月から本腰を入れて受験勉強を始めても、結果が出始めるのは翌年の4月や5月になるかもしれません。

 

英検準1級を目指す生徒は、高3の6月の英検がラストチャンスです。もちろん10月/1月と2回チャンスはありますしCBTで7月や8月に受験することもできないわけではありませんが、他教科の学習のことを考えると現実的ではありません。また、英検準1級に1回で合格できる生徒は非常に少なく、2級から準1級は1年程度の学習を必要とする生徒が多いです。(2,3年かかっても合格できない生徒もいます。)したがって、高1や高2のできるだけ早い時期に2級に合格し、準1級に向けた学習に取り組み始めなければなりません。

 

部活動、課外活動、恋愛、勉強以外のことができるのも高2生ですね。時間にコントロールされるのではなく自分で時間をコントロールして、良い1年間を過ごしてほしいと思います。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.