英語塾GRIT

高校生で英検準1級・1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

6月15日「人から学ぶ」

「学ぶ」の語源は「真似る(真似ぶ)」だそうです。"創造の神"と評されるスティーヴ・ジョブズ氏もインタビューにおいて"Great Artists Steal.(偉大な芸術者は盗む。)"と話していました。スティーヴ・ジョブズ氏がアラン・チューリング氏から大きな影響を受けていた、アインシュタインがガリレオガリレイから影響を受けていたという話は有名ですが、私たちは自分たちより優れた人間からインスピレーションを受け、学び、成長します。逆に人から学ばない人間は成長がない、ともいえるかもしれません。

 

先週の土曜日ですが、多くの生徒が集まったので以前の記事で紹介したスタンフォード大学に合格した生徒、ハーバード大学に合格した生徒のインタビュー記事を生徒に読ませ「彼らの取り組みから何を学ぶことができるか」ということについて考えてもらいました。

 

生徒の皆さんからあがった声としては

①課外活動への参加(ディスカッションイベント等への参加という記述から)

②学習量’(1日2時間の英語学習に取り組んでいたという記述から)

③意志力

④学習の目的(2名の大学進学後の目標の記述から)

 

のようなものがありました。10分ほどしか時間を取れずにグダグダになってしまった部分もあるのですが、今日は生徒の1名が「志望校の大学が実施するセミナーに申込みをしました」と伝えてくれました。(コロナの件もありオンラインでの参加になるようです。)生徒の皆さんから前向きな取り組みを聞くことは少ないので、前向きな話を聞くことができて嬉しかったです。

 

私が影響を受けているのは、ありきたりかもしれませんが、元プロ野球選手のイチローさんです。(徹底したルーティーンはイチローさんの影響を強く受けています。)イチローさんと聞いてまず思い浮かぶのが、メジャーリーグ新記録を樹立した258本目のヒットのシーンの方が多いと思います。

 

 

とてつもない記録で、1位のイチロー氏が258本(最終的には262本)を達成したのは2004年、2位~9位はすべて1920年・30年代の記録で、10位はイチロー氏と続きます。おそらくこの先何十年と塗り替えられる可能性が低い記録です。

 

私が影響を受けているのはむしろその後のインタビューです。「この記録を目指すことはもうできないが、今後も1本1本ヒットを積み重ねる。」そのようなことをお話されていたと思います。

 

最近のインタビューですが、GRIT(やり抜く力)にも言及されていました。

 

 

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.