英語塾GRIT

高校生で英検準1級・1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

6月22日「1つ1つの積み重ね」

昨日の授業ですが、授業が始まる前に1名の私立中学の生徒に「高校入試がないのは、大学入試までモチベーションを保つのが難しいね。」という話をしました。私がその話をしたことには意図がありました。できれば授業が始まる前に、その意図に気づいてほしかったのですが。

 

先日、ブログで、「テストの点数や英検の結果で褒めたり、叱ることはない」と話しましたが日々の授業はまた別の話です。1問1問への問題の取り組み方が適当な場合、同じミスを繰り返す場合、英会話では適当な返答や楽をしたいがためのショートカット(短い返答)を繰り返す場合、それらに関しては中学生・高校生問わず厳しいと思います。

 

先日、イチロー選手のインタビューの「1本1本のヒットの積み重ね」という言葉に影響を受けたというお話をしましたが、英語も1単語1単語、1つ1つの文法のルール、1回1回の英検面接練習、1つ1つのトピックに対する返答。結果は、その積み重ねに過ぎません。魔法のように点数があがったり、英検に合格する方法は存在しません。高2生、高3生になると理解できている生徒がほとんどですが、中学生の生徒や高1生の生徒は先輩の背中を見て学んでほしいですね。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.