英語塾GRIT

高校生で英検準1級・1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

着眼大局、着手小局

前回の共通テストの結果を受け、今週の日曜日から日曜補習が始まりました。

 

生徒の皆さんにとって貴重な日曜日の時間を割かなければならないということ、そして高額ではないといえ教室使用料(月3,000円)を徴収しなければならなかったということ、(批判もある程度は覚悟していましたので)思う所はいろいろありましたが生徒の皆さんが自主的な学習ができるようになるまでは継続して行う予定です。

 

私にとっても日曜日1日を補習で使うということ、そして教室使用料の一部(25,000円)ですが自腹となり、負担が増えました。しかし、これは負担ではなく、(時間の使い方、英語力・指導力という面において)自分自身を成長させるチャンスが増え、生徒の皆さんを成長させるチャンスが増えたと思っています。

 

生徒の皆さんからも

  • 発音の学習を行ったらリスニング力があがりそうじゃないですか(高1生)
  • 家だったらやらないので良かったです(高2生)
  • (英単語に関して)スペルの学習が中心で意味の学習が疎かになってたのでむしろやりたいです(高3生)
  • 英会話の授業でネイティヴ講師に発音の間違いを指摘されるので、発音の勉強やりたいです(高2生)

 

一部からはそのような声もあがっており、ポジティヴにとらえている生徒もいるのも事実です。うまく時間を使えば3時間英語の学習、10時間を他教科の学習に費やすこともできるのでそのような時間の使い方をしている生徒も実際にいます。

 

批判する側、他責する側の人間になるのではなく、状況をポジティヴなものに変えられるかどうか、大学受験や英検合格という目に見える直近の結果だけではなく長く続く人生において成功するポイントだと思います。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.