英語塾GRIT

高校生で英検準1級・1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

【読書】JAL再生

読書チャレンジ10冊目、『JAL再生』を読了しました。

 

f:id:eigojuku-grit:20210928141025j:plain

 

個人的な所感ですが『ソニー再生』が「平井一夫さんが誰と何を行ってソニーを回復させたか」のように「平井一夫さんを中心に再建に携わった人」が中心に描かれているのに対して『JAL再生』は稲盛和夫さんというカリスマ的経営者がどのようにJAL経営に携わったか、いつどのようにして再建が行われたか、なぜその再建が必要だったか、その結果どうなったか「再建のプロセス」が中心に描かれているので再建に関する2冊の書籍ですが性質は全く異なるものでした。

 

塾に関しては「再建」のプロセスに近いと思います。GRITに入塾してくださる生徒は

  • ①英検準1級や1級など公教育を超えたレベルまで学習したい
  • ②英語が苦手で定期テストの点数が下がっている

 

基本的にはこの2つです。「友達が通っているから」「なんとなく楽しいから」という理由でGRITに入塾してくださった方は今まではほとんどおりませんでした。何らかの事情で今までうまくいっていたことがうまくいかなくなってしまった自分の力では届かせることができない目標を達成させたい、という意味では「再建」の考え方に非常に近いものがあると感じています。そして1度うまくいかなくなってしまったことを元の状態へ戻し、さらに上を目指すというのは本当に簡単なことではないと感じています。

 

余談ですが、私は2010年2月頃(当時は大学生でした)に東京から大阪の移動で飛行機を使いました(JALかANAどちらを利用したかは覚えていません。)ただ、空港に到着すると多くのスタッフから迎えられ丁寧な見送りを受けたことを覚えています。「たかだか大阪から東京の移動なのにこんなに丁重に対応してもらえるのか」と感じたことはよく覚えています。間違いかもしれませんが、再建真っ只中のJALを利用させてもらったのかもしれません。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.