英語塾GRIT

高校生で英検準1級・1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

【入試】早稲田大(500語未満の長文:演習編)

昨日、今日と2日間で早稲田大学の問題を解きました。

 

早稲田大学(赤本)に関しては

  • 第1章 文法・語彙
  • 第2章 500語未満の長文
  • 第3章 500語以上の長文
  • 第4章 会話文
  • 第5章 英作文・要約

 

それぞれの章で演習10回、実戦10回という構成になっています。今日私が解いたのは第2章の前半10回分です。(これから解く生徒もいると思うので内容は触れません。)

 

昨日、生徒の何名かに「長文学習において[ 単語 ]と[ 文法 ]で上げられる点数は限界がある」と話をしました。レベルの高い大学になると、自然科学・社会科学的な内容の英文(例:雲ができるメカニズム、人間と他の動物をわけるもの など)であったり抽象的な内容の英文(例:学問とは何か など)が多いので「抽象的な内容の事象について、読み解き、考える力をつけよう」と話しました。それがそのまま当てはまるような長文ばかりでした。

 

具体的な単語の難易度や文法については後半10回分を解いてみてからまたお話します。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.