英語塾GRIT

高校生で英検準1級・1級、難関大合格を目指す和歌山市の英語塾

【日記】偏差値70

今日は高校1年生の生徒が模試の結果を塾に持ってきてくれ、偏差値70を超えることができたと伝えてくれました。偏差値70を超えたという報告は今年に入って、7人目か8人目で、20名に満たない規模の塾としては非常に高い割合ではないかと思います。

 

確かに1,2名は入塾時から高い英語力を持っている生徒もいましたが、その他の生徒は入塾時の偏差値は50~55程度でしたので、1年程度の学習で非常に高い英語力が身についたことを数字が証明しています。偏差値70には届いていませんがあと1歩(偏差値60台半ば~後半)という生徒も2,3名いるので、偏差値65や70がGRITの基準の1つになりつつあります。

 

この偏差値70というのがどの程度すごいのかよくわからないのでインターネットで調べてみると偏差値70を超えられるのはその試験を受けた上位2%のようです。(ただ高1生に関しては高い偏差値が出やすい傾向がある、と書いているものも多くありました。)いずれにせよ、偏差値50からこつこつ努力をして70を超えたというのは素晴らしいことだと思います。

 

ただ、GRITの壁にも貼っているように「偏差値65は通過点。偏差値70も通過点。」です。英検準1級に合格できる生徒は全高校生の1%未満です。結果が出始めた途端に学習量が減る生徒、退塾する生徒もいます。決しておごらず謙虚に、最後の勝負(とりあえずは大学受験)が終わるまで緊張感を持って学習を継続させましょう。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.