英語塾GRIT

高校生で英検準1級・1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

【動画】Gene editing: should you be worried?

The Economistの『Gene editing: should you be worried?』を視聴しました。

 

 

世界で最も人の命を奪う動物は何かご存じですか?ライオンでしょうか?蛇でしょうか?ワニでしょうか?クマでしょうか?

 

正解は「蚊」です。年間50万人以上が蚊が原因で亡くなっているようです。

 

ご存じの方も多いでしょうが、人体に害を与えるのはメスです。遺伝子編集の技術で、メスの蚊が生まれる遺伝子を抜き取れば、オスの蚊が増えメスの個体数が減り、蚊によって亡くなる人の数が減るのではないだろうかと提起され小規模な実験も行われたことがあるようです。

 

一方で、動物の遺伝子書き換えを神が認めるのかというエシカルな問題や蚊の遺伝子を書き換えることによって他の動植物、生態系にも影響を及ぼす可能性もあります。数年前には「デザイナーベイビー」も大きな問題になりましたね。メリットが大きい反面、デメリットも大きく不明な点も多い、それが遺伝子編集です。

 

英検でも大学受験でも頻出のトピックです。生徒の皆さんも一度考えてみてください。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.