英語塾GRIT

高校生で英検準1級・1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

【動画】Climate change technology: is shading the earth too risky?

The Economistの"Climate change technology: is shading the earth too risky?"を視聴しました。

 

 

先日、授業で"cold summer"という表現を目にしました。「寒い夏」という言葉に生徒が驚いていたのですが、「日本でも冷夏で米がとれずにタイ米を食べなければならなかった年があったんですよ」という話をしました。「なぜ冷夏になったか」という話になったのですが、「うーん、詳しくは知らないけれどたぶんピナツボ火山の影響じゃないかな」と返答をしました。

 

調べてみると予想通りピナツボ火山でしたね。ピナツボ火山の噴火でなんらかの粒子が成層圏に浮遊し太陽の光が地表に届かないことによって冷夏が引き起こされたということです。

 

今回の動画ですが、「このメカニズムを地球温暖化の解決法に使うことができるかもしれない」というもので、成層圏に人工的に生成された粒子のようなものを撒き太陽光の地表へ届く量を制限すれば地球温暖化の解決法になりえるということです。この技術は"geoengineering"というようです。非常にショッキングな内容だったので、他の動画も視聴しました。

 

 

 

 

ちなみに、「人工的に雲を作り雨を降らせる技術」に関しては以前英検準1級か1級の長文で出題されたことがあります。英検好みのトピックなので準1級や1級を受験される方は押さえておいた方が良いかもしれません。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.