英語塾GRIT

高校生で英検準1級・1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

【読書】ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則

読書チャレンジ62冊目、『ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則』を読了しました。

 

 

ビジョナリー・カンパニーのシリーズは『ビジョナリー・カンパニーZERO』に続いて2冊目になります。ビジョナリー・カンパニーは利益の生み出し方やマーケティングの手法について書かれたものではなく、会社を永続させ社会にポジティヴな影響を与え続ける企業がどのような企業理念を持ち実践し発展しているか、そのようなことについて書かれたものです。

 

GRITのような小さな塾でも生かせそうだなと思うようなこともありましたし、「第9章 決して満足しない」「第10章 はじまりの終わり」は高校生の生徒でも学べることがあると思います。

 

実際のところ、ビジョナリー・カンパニーが飛び抜けた地位を獲得しているのは、将来を見通す力がすぐれているからでも、成功のための特別な「秘密」があるからでもなく、主に、自分自身に対する要求がきわめて高いという単純な事実のためなのである。ビジョナリー・カンパニーになり、その地位を維持するには、昔ながらの厳しい自制、猛烈な仕事、ひとりよがりと自己満足に陥ることへの本能的とも言える嫌悪感が、いやと言うほど必要である。(p.315)

 

ビジョナリー・カンパニーをビジョナリー・スチューデントに置き換えて読んでみてください。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.