英語塾GRIT

高校生で英検準1級・1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

【授業記録】英作文との戦い

久しぶりの更新となりました。連日、生徒の皆さんが一生懸命学習に取り組んでいます。中学生~高校1年生頃までは「文法を中心に英語を学ぶ」、高校1年生~高校2年生は「4技能を英語で学ぶ」、高校3年生は「大学受験に向けた学習」ということで、それぞれの学習段階ですべき学習が分かれています。

 

高校1年生や高校2年生は英語で様々なことについて学んでいます。例えば、今週生徒が書いた英作文は

  • 宗教対立のない世界が来るか?(高2生男子:英検1級レベル)
  • 住みやすい都市にするために何がなされうるか?(高1生男子:英検準1級レベル)
  • 企業は個人情報を集めることが認められるべきか?(高2生男子:英検2級レベル)
  • 近年、あなたの国ではどのように気候が変わったか?(高2生女子:英検2級レベル)
  • ローカル文化はグローバル社会で生き残れるか?(中1生女子:英検1級レベル)

 

このようなものがありました。このような英作文を書いたり英会話で話したりできるようになるためにリーディング学習・リスニング学習を行うのが、GRITの高1生・高2生の学習です(文法や共通テストに向けた学習は季節講習内を中心に行っています。)

 

昨日は宗教に関する内容として「宗教の成り立ち」、「宗教間の争い」、「宗教内での争い(アイルランドの分断、カノッサの屈辱etc)」、など様々な内容の話をしました。予備知識がないので生徒も相当苦戦していましたね。

 

今週はほとんどの生徒が英作文で苦戦していましたが、別日に塾に来たり家で書き直したりしながら皆さん頑張っています。知らないなら学べばいい、書けないなら血豆ができるほど何回も書く練習をすれば良い、ただそれだけです。私もイントロを書くだけでも何百トピックと書きましたし、面接練習ではスクリプトを自分で考え書き内容が頭にしみつくほど何百回、何千回と練習しました。

 

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.