IAE 英語塾GRIT

英検準1級・1級合格、難関大合格、語学留学、海外大学院進学を目指す和歌山市の英語塾・英会話教室

【授業記録】先週の話

先週も生徒の皆さん、保護者の方々と様々な話をしました。

 

英検面接

 

昨日は英検の面接試験でした(級によっては来週も面接試験です。)

 

お昼ごろに1級を受験した生徒から連絡があり律儀にも面接試験のトピックについて連絡をくれました。面接試験の練習だけでも2回、英作文の学習を含めると5回以上は学習したことがあったトピックで「何とか答えられたと思います。」と安心した声で伝えてくれました。普段使うこともない言葉なのですが、「お疲れ様」と伝えました。

 

定期テスト

 

高校3年生の生徒が「英表(文法&英作文)で90点でした。今までで一番良い点数でした。春講で文法の学習を頑張ったからかもしれません。」と伝えてくれました。どの生徒に対しても定期テスト対策をしたことは一度もないので、これまでの努力の積み重ねが実となったのだと思います。「努力が報われて私も嬉しいです。」と伝えました。

 

夏期講習

 

先週の土曜日から夏期講習のご案内を配布しています。小学生の生徒や極端に学習が進んでいる生徒は、「次回またはその次以降から参加していただきます。」と伝えていますが、その生徒以外は原則全員が参加となっています。

 

夏の目標ということでまずは3つの目標をたててもらっていますが「目標は設定するだけでは意味がない。実行しなければならない。神仏に誓ってその目標を達成することができますか」と伝えています。夏だからと浮かれることなく、やると決めれば覚悟を決めて、最後まで続けましょう。

 

学ぶとは

 

授業が終わった後に、「今日新しく覚えたことが何か。今日はできなかったことでできるようになったことは何か」と尋ねることがあります。特に知識をインプットする文法の学習や表現やアイディアをインプットする英会話の学習ではこのような感覚が重要だと思っています。

 

その日の学習を振り返ったときに、自分が何を間違え、何ができるようになったか。それがわからなければ"学習"とは言えない。

 

偉そうなことを生徒に言いましたが、私も英語を学習し始めた頃知り合いに言われたフレーズでよく覚えています。1名の生徒が「確かに」と小さな声でつぶやいていました。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.