英語塾GRIT

高校生で英検準1級・1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

【授業記録】次の挑戦者

夏期講習9日目が終了しました。

 

1年後に会いましょう

 

今日は英検1級に合格した生徒の最後の授業でした。現在高校2年生の生徒ですが、「(1年間英語にフォーカスを置き学習してきたので)3年生の夏休みまでは他の教科の学習にフォーカスを置き学習を行いたいので1年間休塾したい」ということでした。基本的には中途半端なところでの休塾は認めていませんが、私からも1年間休むようにと促したのでお互いの考えが一致し、珍しい形での休塾となりました。

 

最後の課題として与えたのが、次の英検1級を目指す生徒と(英語で)話すことでした。個人の体験や価値観、英語のアドバス等を伝えてほしいと思い15分程後輩の生徒と話す時間を作りました。そこまで指示は出していなかったのですが、意図をくみ取ってやってくれていました。後輩の生徒に1級に受からせたいという気持ちが伝わりました。

 

次の挑戦者

 

全ての生徒が挑戦者であることにかわりはないのですが、英検準1級の挑戦は日本で生まれ育った特別な英語学習のバックグランドを持っていない生徒にとっては非常にチャレンジングなものです。

 

高校3年生で英検準1級を取りこぼしている生徒、これから挑戦する生徒もいるのですがメインは大学受験の学習ですので現在英検2級を持っている高1生、高2生がこれからの英検準1級の主な挑戦者ということになります。

 

夏期講習期間の特別時間割で、今後英検準1級を目指す生徒が数名集まったので先輩の生徒の話をしながら、「偉大な先輩の生徒を超えよう」という話をしました。

 

ぺナルティ

 

本日も中2生、高3生の2名の生徒に対して宿題の不備や遅刻でぺナルティを課さなければなりませんでした。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.