英語塾GRIT

高校生で英検準1級・1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

【授業記録】英検英作文

夏講14日目が終了しました。

 

英検英作文

 

夏期講習期間、生徒によっては英検の英作文の学習に取り組んでいます。頭の中ではアイディアが浮かんでいる一方でどのように英語で書けばいいかわからずに間違った単語や文法を使っている生徒もいます。

 

それはそれで構わないのですが、「どうしてもその単語や文法に自信がないなら、他のアイディアを使うのも戦略です」と1名の生徒に話しました。

 

そのためには英検の英作文は「自分の書きたいことを書く」のではなく、トピックを見て両方のプロコンを書き出し、「自分が英文で書きやすい方を選ぶ」、その力が級が高くなればなるほど必要になってくると思います。

 

例えば、英検1級では「資本主義がより広められるべきか」「グローバル化は経済にとって有益か」「宗教の価値は今後下がっていくか」、この辺りは鉄板のトピックですが秒速でプロコン3つほどを書き出し、あとは書きやすい英文を書く、さらに言えば私情を挟まない。トレーニングで改善する部分はありますが、私情を挟まないというのは性格の部分ですので難しいところはあります。前に1級に合格した生徒は私情を挟まないという部分が非常に上手な生徒でした。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.