英語塾GRIT

高校生で英検準1級・1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

【授業記録】電話で単語の再テスト

夏期講習24日目が終了しました。

 

世界史・日本史の共通テストにチャレンジ

 

今日は夏期講習に1コマ空きコマができたのでその時間を利用し、世界史と日本史の共通テストを解いてみました。世界史は今まで勉強したことはなかったのですが、夏期講習で生徒に出した一問一答の知識を使って(総学習時間10時間程度)、日本史は15年程前に学習した知識を絞り出して解いてみました。

 

結果は世界史48点、日本史53点。どちらも突っ込みどころのない点数でしたが、生徒が最近受けた模試の点数より高かったものもありました(試験が違うので比較しようがないですが。)

 

土曜日に生徒同士で一問一答をしており、手が空いた生徒がいてたので生徒の使っている一問一答を借りて覚えていました。「先生、どうして世界史の勉強しているんですか?」と何名かの生徒から尋ねられたのですが、「なんとなく…」と答えました。生徒の顔も引きつっていたのですが、単に物を覚えるのが好きだということ、宅急便の荷物番号の数字などもコピペ貼り付けではなくて覚えて打ち込むこともあります。その時に学習した内容は「七年戦争」の範囲だったのですが、その範囲が第1問で出題されていてラッキーでした。

 

そのテストを受けた後に高3生に地理の一問一答を出したのですが、世界史の共通テストで出題されていた用語(その時は"シーク教"という用語でした)が地理の一問一答でも出題されており、世界史と地理で教科は違いますがある分野で学習した内容は違う分野でも役立つということも感じました。おそらくその内容が英語の学習にも役立つのだろうとも思います。

 

電話で単語の再テスト

 

今日は高3生の1名の生徒と電話で単語の再テストを行いました。普段はそこまでしないのですが、帰省前の単語テストで不合格、また受験生ということもあり、初めて電話で単語の再テストという対応になりました。結果は23/30、翌日再テストです。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.