英語塾GRIT

高校生で英検準1級・1級/CEFR B2を目指す和歌山市の英語塾

【入試】関西大学(2019年度)

関西大学(2019年度)、会話問題を除く長文3題を解きました。大問2の読みにかかった時間は6分53秒、大問3の読みにかかった時間は6分20秒でした。

 

和歌山の高校からも受験する生徒が多いので簡単にどのような問題かを説明します。大問は3つあり試験時間は90分です。大問1はAとBに分かれていてAは会話問題です。Bはいくつかの文があり、それを適切な順に並べ替えるという問題です。大問2,3ともに800語前後の長文で2019年度に関しては大問2は[ 語句補充+長文の内容を問う設問 ]、大問3は[ 長文の内容を問う設問 ]がメインの出題でした。文法の出題がほぼありませんのでその点、立命館や関学と異なります。

 

今回問題を解く時間も含めて測ってみたのですが、大問3の問題の読みと問題の解きで22分かかりました。大問2の方が比較的簡単で時間もかからなかったのですが、この800語の長文を10分以内で読み切り(できれば8分以内)、10分~12分で解答しなければならないと考えると時間的に厳しい試験だと感じます。捨て問題(時間をかけても解答が出ない問題)に時間をかけず解ける問題を確実に見つけ、その問題で確実に点数を取ることも重要だと思います。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.