IAE 英語塾GRIT

英検準1級・1級合格、難関大合格、語学留学、海外大学院進学を目指す和歌山市の英語塾・英会話教室

【日記】現代文と英語

先日、1名の生徒が「英語を勉強しながら地理を勉強している」と話していました。英語の長文を読むことで、海外の国や地域、産物の名前などに触れることができるので英語の勉強をしながら他教科を学ぶのは良い心がけだと感じました。

 

「英語と社会(地理・世界史)」「英語と生物(地学)」は関連があるので、英語が伸びることによって社会や理科の点数が上がることはよくあることですし、逆も同じだと思います。

 

英語を指導している中でリーディングで伸び悩む生徒がいます。中学生の早い段階で英検2級に合格したものの伸び悩み高校生で準1級を取得できなかったということや、共通テストや難関大学の過去問を解いても一定の点数で止まってしまうという生徒もいると思います。

 

単語力や英文解釈の力など英語力によるところが大きいのも事実ですが、最近明確に認識し始めているのが「現代文と英語の相関関係」です。決して全員に当てはまるわけではないと思うのですが、「英語が得意だからといって必ずしも現代文の点数が高いわけではない」が「現代文が苦手な生徒は英語の点数で伸び悩む可能性がある(他教科に関しても同様)」そのような傾向があると感じています。

 

 

様々な方が同じようなことをお話されてますが、英語も国語も「言語」ですので当然と言えば当然かもしれません。昨年の「数学」もかなり読解量が増えて「もはや国語のテストだった」と話す生徒もいるくらいでした。

 

英語に関しても文法・並べ替え問題がセンター試験から共通テストに変更された際になくなりリーディングに一本化され、「読解力」が近年の入試の傾向なのかもしれません。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.