IAE 英語塾GRIT

英検準1級・1級合格、難関大合格、語学留学、海外大学院進学を目指す和歌山市の英語塾・英会話教室

【授業記録】11/6-11/12

 

11月12日

 

今日の授業では、冬期講習の学習内容について簡単に説明しました(来週プリントを配布の予定です。)テキストも第一便の生徒のものが届いたので、配布を始めています。「また始まるのかー」と生徒たちもそわそわし始めているのですが、大学受験や英検に直結する学習でそれなりの伸びも感じてくれているので、ポジティヴな気持ちで臨んでくれている生徒が多いと感じています。

 

11月11日

 

今日の授業では1名の生徒から「先生は英語が好きですか?」という質問、「先生、休まないのですか?」という質問を同時に受けました。1つ目の質問に関しては、好き嫌いで測れるようなものではないというのが率直な意見です。2つ目の質問に関しても、基本的には学ぶことが好きで単語帳を眺めているときが最も落ち着く程ですので、休みという休みを必要としていないというのが本音です。

 

また、私の使っている単語帳のカバーがよれているという所から「お風呂で湯舟に浸かりながら単語を覚えたり英文の音読をしています。」と話をすると「それいいですね!私も昔やっていました。」と返答され驚きました。本が傷む可能性ありますが、少しぬるめのお風呂に長く浸かって読書をしたり音読をするのはおすすめです。

 

11月10日

 

1名の生徒が前回の宿題忘れに続き、遅刻・宿題不備と続きました。「叱ることは簡単ですが、叱れば他の生徒が不快な思いをする。全員が気持ちよく学習に取り組めるように、やるべきことをしっかりとやってほしい。」ということを伝えました。

 

11月9日

 

今日は1名の高3生の生徒と「共通テストは決して易しい試験ではない」という話をしました。共通テストはセンター試験と異なり満点が取りにくい試験で、点数が上の生徒と下の生徒で点数が開きにくいという印象を持っています。例えば、英検1級を勝負して生徒に負けることはありませんが、おそらくですが共通テストの場合、GRITの上位層の生徒と私が勝負をすると生徒に負けることもあると思います。英語力の高さが正当に点数に反映されにくいテストと感じることもあります。また、少し気を抜いたり、不注意になれば3,4問は間違える可能性があり4問間違えると9割を下回ります。確実に9割を超えられるように今の弱点と課題について話をしました。

 

11月7日

 

高1の生徒と英会話をしているときに、「少しずつ難しい単語が使えるようになってきましたね。」という話をしました。生徒の話す英語をしっかり聞いていると、「この単語がでてきてほしい。」と思うことがあります。昨日は「(文脈上)"predict"がでてこれば良いな」と思っているとうまく"predict"という単語を使ってくれていたのでそのようなやり取りになりました。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.