IAE 英語塾GRIT

英検準1級・1級合格、難関大合格、語学留学、海外大学院進学を目指す和歌山市の英語塾・英会話教室

【第8回】マッシュルームの可能性

今回は、マッシュルームに含まれるFungusという真菌類に関するものになります。

 

 

1名の生徒が「先生動画見ながら何笑っているんですか~」と突っ込んでくれました。「いや、今マッシュルームの動画を見てて…」と答えると、まあ完全に変な人なのですが、認めてくれるのがGRITの生徒で助けられています。

 

「マッシュルームに含まれるFungus(Fungi)という真菌類が、建築に役立つということ、環境に良いということ、そしてなんとプラスチックを分解してくれるんです!」と話すと「プラスチックを分解してくれるなんてすごいじゃないですか!!」と返答してくれ、若干話が盛り上がりました。

 

漫才みたいですね(苦笑)

 

ここからは英語の話になりますが、【第1回】~【第7回】の動画で紹介した表現も多く使われていました。例えば"We might be holding the solutions ~."という表現が使われていましたが、以前私は"We might be holding the belief ~.”という形で使っていました。また、前回の記事で"flora and fauna(動植物)"という表現を紹介しましたが、この動画でも使われていました。意識をしてニュースを聞いていると、使われやすい表現とそうではない表現がわかってきます。

 

Fuels and crude oil contain a wide range of pollutants and some of them can kill flora and fauna, damage organs and cause cancer in humans and animals.

 

(化石燃料や原油は様々な汚染物質を含んでいてそれらの中には動植物を殺したり、臓器に害を与えたり、人間や動物にがんを引き起こす可能性もある。)

 

Mushrooms can grow on heavily oil contaminated soils. In this environment, the amount of contaminated pollutants in the soils plummets in weeks and even some toxic pollutants can be broken into less toxic ones.

 

(マッシュルームはひどくオイルで汚染された土壌の中で育つことができ、その環境では、土壌の汚染物質の量が数週間で減少し、さらには毒性のある汚染物質も毒性の弱いものへ分解されうる。)

 

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.