IAE 英語塾GRIT

英検準1級・1級合格、難関大合格、語学留学、海外大学院進学を目指す和歌山市の英語塾・英会話教室

2024/04/22

decide

 

今日は1名の生徒が英作文の学習で"It is decided that ~"という表現を用いて英文を書いていました。英検準1級対策の授業ではprismというリーディングの教材を用いて様々な表現を学習し学習の際に海外のオンライン辞書を活用させているのですがその中で学習した表現の1つでした。

 

decideを用いる際はどうしても人が主語にきてしまいますので英作文では使いにくい単語なのですが、It is decided that の形では人を主語に置くことなく用いることができるので、非常に便利な表現です。学んだ知識をしっかり使えていましたので、「この表現、よく使えているね」と一言声をかけました。

 

関係代名詞

 

半年程前ですが、入塾してすぐの生徒が「関係代名詞を教えてください」と質問しにきました。関係代名詞は中3の最後の学習内容で苦手にしている生徒は非常に多いです。その時は2,3分の説明に留めほぼ教えることはありませんでした。この半年間で中2の学習内容の一部(比較)と中3の学習内容(受動態、現在完了、分詞、to不定詞、文型)を学習し最近関係代名詞の学習内容に入ったのですが、特に何も教えることなく関係詞代名詞を理解し、問題を解いても9割以上正解していました。

 

「『半年前、関係代名詞を教えてください』と質問してくれたときあまり教えなかったのを覚えていますか?」と尋ねると「はい」と答え、「あのときは関係代名詞がわかっていなかったのではなくて、そこに至るまでの様々な文法の知識、単語の知識が十分でなかったので関係代名詞を教えなかったのです。関係代名詞がわからないからといって付け焼刃のようなことをしても結局何にもならなかったのです。この半年の学習のプロセスが良かったので今関係代名詞を理解できています。」と伝え、同時に、「宿題をさぼったり手を抜くとまた振り出しに戻りますよ。」と釘をさしました。

Copyright © 2019 英語塾GRIT All rights reserved.